タイヤの溝は排水溝
タイヤ磨耗を知るには
タイヤの適正空気圧を保ってください
私達はタイヤ異常車発見に努めています
トップ画像

TOP >>タイヤのポイント

タイヤの溝は排水溝

タイヤの比較

磨耗の進んだタイヤと、まだまだ使えるタイヤに水を掛けてみました。
磨耗タイヤに掛かる水はタイヤ接地面に皮膜を作っているようです、これでは走る・止まる・曲がる、タイヤの役目が果たせません。(ハイドロブレーニング現象)
タイヤの不安は運転の不安、タイヤの交換は早目がお得!
タイヤ無料点検はいつでもレジへお申し付け下さい。
詳しくは http://tyre.dunlop.co.jp/csr/safety/


タイヤ磨耗を知るには

タイヤの比較

タイヤ側面に4箇所〜9箇所△マークがあります、この位置にスリップサインが設計されています。平均的に乗用車タイヤの溝の深さは約8ミリですが△マークの所は1.6ミリ浅く作られています、よって磨耗が6.4ミリ前後進みますとスリップサインが現れタイヤ交換であることを知らせます。(法規制)
詳しくは http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/dictionary/s2_slipsign.html
※タイヤ溝の深さは、メーカー・サイズにより異なります。

タイヤの適正空気圧を保ってください

当店では、無料タイヤ空気入れ設備を整えております。ご自身でお出来になれない場合はレジへお申し出下さい。
詳しくは http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/products/tyrecheck/air.html

私達はタイヤに異常のある車発見に努めています

タイヤの比較

オイル交換時、タイヤにコーティング剤をモップ掛けしています。このタイミングでタイヤに異常が無いか!の目視点検を行い、結果は「お知らせ票(クリックで表示」で説明を行っております。

オイル交換の日時ご予約はこちらから受け付けています。